2016年07月01日

恒例 梅仕事

申梅スペシャルの今年は梅仕事もどっさり。
どーでるチョイスの無選別南高梅10kgでいろいろ作ったんです。
どーでるは梅干し担当。
最近はお手伝いすることもなくテキパキひとりで漬けてます。
申年の梅干し
申年の梅干し posted by (C)もみじ
今のところ、こんな感じ。

私は梅酒と梅サワー作り。
10kgだと作り甲斐があります。
申年の梅酒
申年の梅酒 posted by (C)もみじ
こちらが梅酒。
氷砂糖は完全に溶けてます。
毎日ゆすってはいるけれど、まだまだ糖分が下にたまってます。

申年の梅サワー
申年の梅サワー posted by (C)もみじ
わかりにくいけど、こちらは梅サワー。
こちらも毎日ゆすっています。
重量はレシピ通りなんですが小さい梅を中心に入れたので、
梅がたくさん入っているようにみえます。

梅ジャム
梅ジャム posted by (C)もみじ
大きな梅はジャムで。
今年は私がお出かけしている間、どーでるが下処理してくれていたので
帰宅後でも楽に作ることができました。
ちょっと酸っぱめだけどなかなか美味しくできました。
posted by もみじ at 11:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 仕込みもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

うちの瓶詰め

去年仕込んではいたんだけど
アップしていなかった自家製瓶詰です。

去年仕込んだ
去年仕込んだ posted by (C)もみじ
えーと。
一番左がオオバスノキのジャム。
クロマメノキかなと思っていたんだけど、
ずーっと調べているうちにオオバスノキにたどり着きました。
お味はブルーベリーそっくり。
2瓶弱できたうちの残りの一瓶です。

中央は柚子のパディントン・マーマレード。
「グレーテルのかまど」レシピです。
これ、と〜っても美味しい!
残念だったのは見極めが悪くてちょっとゆるめにできちゃった。
こればかりは経験を重ねるしかなさそう。

右の食べかけのやつ。
柚子胡椒です。
こちらは「晴れときどきファーム」のレシピを参考にしました。
焼き鳥なんかにすごく合う!
食べるたびに風味が熟成していくのもとても楽しい。

さて、今年はどんな瓶詰を作ろうかな。
今から楽しみです。
posted by もみじ at 15:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 仕込みもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月29日

ピクルスと梅仕事

梅仕事の季節になりました。
それからホワイトアスパラもぼちぼち終了なので
慌てて、ピクルスに。

ホワイトアスパラのピクルス
ホワイトアスパラのピクルス posted by (C)もみじ
これは週末のお仕事。
細めホワイトアスパラ一束が2瓶のピクルスになりました。

さて、こちらは梅仕事。
どーでるが買った青梅4kgのうち、
1kgは梅サワーに、もう1kgは梅味噌を仕立てることにしました。
梅味噌は初めてなのですが、美味しいと教わったのでチャレンジです。

残り2kgは追熟させて、どーでるが梅干しに仕込みました。


ということで、続きを読む
posted by もみじ at 16:32| Comment(10) | TrackBack(0) | 仕込みもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

春の味

3月31日のことです。
お散歩から帰ってきたどーでるがレジ袋を提げてきました。

あら。


お土産?




何かな、何かな?



ふきのとうだ!!!
ふきのとうだ!!! posted by (C)もみじ
わぉ!
ふきのとうですヽ(^o^)丿

春になって狩りの本能が目覚めたかな?<って、猫かぃ…


ジャム瓶比較
ジャム瓶比較 posted by (C)もみじ
とりあえず、大きさ比較。
わかりやすくジャム瓶を使ってみました。

もちろん可愛いサイズのもあるけど、
でっかいふきのとうがわらわら生えてる北海道 ('ω')ノ


まずは、ごみ取りしつつ、きれいに洗います。
その中で、可愛いサイズできれいな形のを選んで
揚げてみましたぁヽ(^o^)丿

小さいのはてんぷらに
小さいのはてんぷらに posted by (C)もみじ
春の味がするよ〜〜〜〜。
春のほろ苦さって、冬の身体を起こして春モードにするんですって。
デトックス、デトックス(≧▽≦)
うふふ。


残ったふきのとうは下処理をしてふき味噌にしました。
どーでる希望のふき味噌
どーでる希望のふき味噌 posted by (C)もみじ
で、できたてを早速、温奴に乗っけてみた。
うまうま〜〜〜〜。
それほどほろ苦くもなかったかな。

ひと瓶ちょっとできました
ひと瓶ちょっとできました posted by (C)もみじ
一応、瓶詰。
お味噌は普通の使ったけど、辛口の仙台味噌のが
味のメリハリがでるのでよかったな。
posted by もみじ at 09:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 仕込みもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月22日

恒例 あかねりんごのジャム

あかねりんごのジャム
あかねりんごのジャム posted by (C)もみじ
毎年作っているあかねりんごのジャム。
今年も作りました。

立ち読みしてきたレシピを試してみたら
美味しそうではあるんだけど
なんだかフルーツソースのように緩いのができてしまいました。
だからといって、がっかり、ってことでもないのです。

あかねりんごのヨーグルト
あかねりんごのヨーグルト posted by (C)もみじ
だって、ほら。
ヨーグルトにピッタリなんだもの。
美味しいです。

たくさん作ったけれどあっという間になくなりそうなので
また、別のジャムを仕込まなくっちゃ。
posted by もみじ at 21:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 仕込みもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

三升漬けとミックスピクルス

すっかり放置してしまいました。

いつもはお彼岸に里帰りするのだけど
今年は敬老の日のある連休に行ってきました。
で、2日がかりで大掃除するハメになりまして、
へろへろになって帰ってきたところに18日の残暑。
疲れと3日頭痛が重なったところに食欲不振まで加わって
すっかり残暑バテになっておりました。

そういうわけで、やっと復活。

9月初旬のネタなんかもありますが、
また、少しずつアップして行きたいと思います。


まずは9月初旬に仕込んだ2品から。
青唐辛子
青唐辛子 posted by (C)もみじ
たっぷりの青唐辛子を洗って、
ひたすら刻みます。<むろんどーでるが
できれば、ゴーグルとかめがねとかしたほうがいいですよ。
あと、使い捨てのビニール手袋があったほうがいいかもです。

これを仕込む時、うっかり目をいじるとえらい目にあいます。


麹
posted by (C)もみじ
私は麹の準備。
麹は道内産のを使ってます。

三升漬け
三升漬け posted by (C)もみじ
刻んだ青唐辛子と麹とお醤油を瓶に詰めて終了。<どーでるが
簡単です。
あとは寝かせておくだけ。

右側の大瓶が漬けたばかりです。
左側は去年仕込んだもの。
混ぜて使います。

ご飯にのせたり、なにかのたれにして食べるのもいいんだけど
今、流行りの醤油麹のように調味料として使うのもよいと思います。

美味しいですよ〜。


こちらは酢漬けなので私の担当。
猫の人は近づかないように。

ミックスピクルス
ミックスピクルス posted by (C)もみじ
きゅうり、カリフラワー、パプリカ、にんじんが入ってます。
1リットル入りのボトルに作ってもあっという間に食べてしまいます。


おまけ
posted by もみじ at 16:26| Comment(16) | TrackBack(0) | 仕込みもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月11日

仕込みモノあれこれ

まず、我が家恒例の梅干♪

2012年の梅干
2012年の梅干 posted by (C)もみじ
今年はちょっと塩の量が甘かったので
カビとの戦いになりました。

でも、無事に完成です。
一部は赤梅酢に漬けて「梅漬け」になりました。

梅干はこのままフタをして、床下収納で
熟成してもらいます。
そうすると塩の角がとれてまろやかで美味しい梅になります。

去年の梅もまだ熟成中だしね。
今食べてるのは、とーほくで仕込んで持ち帰ってきたものです。


たくさん赤梅酢がとれるので
どんどん利用しなくてはいけません。
そこで作ってるのがこれ。
紅しょうが
紅しょうが posted by (C)もみじ
紅生姜です。

赤梅酢だけではかなり塩辛くなるそうなので
りんご酢をブレンドして漬け込む方法でやってます。
味見したけど、けっこうイケます。
このあともう一度漬け汁を交換して干して保存です。

新生姜がでまわってるうちガリも作らなくちゃなー。
あと、できれば茗荷の甘酢漬けも作りたい。<大好き

もう一つ、ハマりモノがありまして。
それがこれ。
ゴーヤのしょうゆ漬け
ゴーヤのしょうゆ漬け posted by (C)もみじ
ゴーヤのしょうゆ漬けです。
しょうゆといっても酢醤油なんですけどね。
飛田和緒さんのレシピです。
これが美味しくて、もう2回も作ってます。

ゴーヤが好きな人はぜひ。

あと、もう一つ。
8月10日おにぎり
8月10日おにぎり posted by (C)もみじ
しし唐肉味噌です。
刻んだしし唐と鶏ひき肉が入った甘味噌です。

今週ずっと、どーでるがお弁当持ちで
「おにぎり希望」ということだったので
梅と時鮭と「企画物の具」という路線で5日間作ってみました。
金曜日に入れたのがこの肉味噌。
たぶん田楽なんかに塗っても美味しそうです。

企画物の具 ラインナップ
気温が高いのでマヨ系、魚卵系は避けました。
「三升漬けおかか」イケると思ったけど、微妙だった
「ピーマン味噌」味はまあまあだったけど肉っけがほしいと思った
「豚生姜焼き」肉はできるだけ刻んだほうが食べやすかったかも
「豚キムチ」キムチのもとで味付けした豚コマ
「しし唐肉味噌」満を持して登場(笑)
posted by もみじ at 11:37| Comment(12) | TrackBack(0) | 仕込みもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

梅とらっきょう

今年もあの季節がやってまいりました。

らっきょう1kg 南高梅4kg
らっきょう1kg 南高梅4kg posted by (C)もみじ
漬け頃の南高梅が4kg
泥つきらっきょうが1kgがいきなりどかっと。

嫌いな作業じゃあないんだけど
いっぺんにやるのはな〜と少々ヘコたれつつ
今朝8時からとりかかりました。

まずはらっきょう。
洗って薄皮とひげ根取り。

部屋がらっきょうの匂いぷんぷんになりました。


下処理終了
下処理終了 posted by (C)もみじ
下処理が終わって漬けるばっかりになりました。

今回のレシピは古いきょうの料理のテキストに出ていた
堀江泰子さんの「いきなり甘酢漬け」

煮立てた調味酢を注ぐだけでOKなので簡単です。

普通はまず塩漬けにしておいて、
それから塩抜きして、甘酢に漬けなおすらしいです。
その塩漬けも、白梅酢があったほうがいいみたいで。<今年はまだ

らっきょうのいきなり甘酢漬け
らっきょうのいきなり甘酢漬け posted by (C)もみじ
某コーヒー瓶3本分ぴったりでした。
3週間くらい経てば食べられるそうです。
漬かるのが楽しみ〜。

機会があったら、ハーブの入るピクルス風のやつとか
別レシピも試してみたいな。

と、ここまでが午前中の作業。
まだ、ちょっと余裕がありました。


午後からは、梅の下処理です。
洗って、ヘタを取って、焼酎で拭くの。
ここまでやっておけば、あとはどーでるの作業です。
さすが4kg分。
午前中の作業もあったので、疲れました。

ところが漬けるための塩がどうみても足りなかったので
買いに走ることになりました。

そういえば、梅の写真を撮るの、すっかり忘れてたな。
まっ、いいか。←疲れて面倒になっている


そういえば、ハネた梅数個分で何か作らなきゃ。
やっぱり簡単な梅シロップかなぁ。
また、瓶の消毒かぁ…
はぁぁぁ〜。
posted by もみじ at 17:03| Comment(6) | TrackBack(0) | 仕込みもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

梅仕事 仕上げ

暦の上では秋になっちゃいましたね。
北海道も残暑…というより今が夏本番?

とりあえず、先週の梅仕事の仕上げです。
お天気が続きそうだったので土用干しです。

土用干し
土用干し posted by (C)もみじ
数えてみたら108個ありました。
例年よりも少なめ。
でも、お値段は高めという。(^▽^;

こりゃあ上等の梅干になりそうです。

完成!
完成! posted by (C)もみじ
はい!
完成しました。
あとは去年漬けた梅を食べつくすまで寝かせておきます。


暑い日のお昼にはこんな麺、いかがかしら?
グリン麺のとろろかけ
グリン麺のとろろかけ posted by (C)もみじ
グリン麺のとろろかけです。
上に乗ってるみょうがは去年赤梅酢に漬けたもの。
これも大事に大事に食べてます。
今年も赤梅酢があるから漬けなくっちゃね。
posted by もみじ at 14:36| Comment(6) | TrackBack(0) | 仕込みもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

梅仕事その後

今年の梅干作りですが、今のところなかなか調子よくいっています。
自宅には各種重しを取り揃えていたところがよかったのかな?

下漬け終了
下漬け終了 posted by (C)もみじ
7月4日に塩漬けにしてから約2週間。
こんな感じに漬かりました。

ボールに少し残した分は、白梅酢に漬けたまま
試しに白漬けにしてみようと思っています。<どーでるが


赤紫蘇と重ねてさらに漬け込みます
赤紫蘇と重ねてさらに漬け込みます posted by (C)もみじ
ほとんどは、こんな風にもみ紫蘇と段々重ねにして、
白梅酢を注ぎ、さらに漬け込みます。<むろん、どーでるが

あ〜、出来上がりが楽しみだなー。


いい感じに使ったら土用干しして完成です。
あとは、容器に詰めて、1年くらい寝かせておきます。
そのほうが塩の角がとれてまろやかになるのよね。

今、食べている梅干は一昨年漬けたもの。
それを食べきれば去年の梅干の出番になります。
posted by もみじ at 17:11| Comment(10) | TrackBack(0) | 仕込みもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

今年の仕込みもの

昨日はところによって七夕でしたね。
梅雨時期に重なるから旧暦でやったほうがいいんじゃないの?
と思うんだけどどうなんでしょうね。
北海道では旧暦というより1ヶ月遅れの8月に七夕をやるところが多いです。
が…テレビ父さんのブログでもわかるように
8月7日だよねと思いつつ、7月7日にも七夕をやっちゃうところが…。
2度楽しめるからいいんですけどね。


ちなみに、もみじ家
8月7日にとーほく復興祈願七夕まつりを
ひっそり開催しようと思ってます。
<要するに、友達に教えてもらった仙台の七つ飾りを作ろうって趣向


さて、話はかわって最近の仕込みもの。
よーしさんレシピの塩らっきょう
よーしさんレシピの塩らっきょう posted by (C)もみじ
泥付らっきょうに値引きシールがついてたんで
うっかり買ってきてしまいました。
洗って、皮むいて、芽と根をとって塩漬け(5%)して。

値引きシールついてたわけがわかりました。
ちょっと青味がかってたのが混ざってたのよね。
ま、いいかとさっさと作業。

そのまま食べるか、甘酢に漬けるかどうしようかと思ってたけど
結局よーしさんが紹介してた漬け汁に漬けちゃった。
キムチの容器、焼酎を少し入れてシェイクして
アルコール消毒にしました。
どうせ、解禁したらあっという間に食べちゃうと思うんだ。


こっちは恒例行事。
毎年恒例梅仕事
毎年恒例梅仕事 posted by (C)もみじ
スーパーの店頭では高級品少量しか並んでなかったので
どうしたもんかと思ってたら
実家方面の友達がもう漬けたというので、
慌てて通販でお取り寄せしました。<確か四国産

青梅が黄色く色づくまで待って
洗って、まるでいつくしむかのように大切に
1つ1つ丁寧にヘタ取りして
焼酎で濡らしたキッチンタオルで拭いて。
そこまでが私の仕事です。

左の大きなザルのが梅干用、
右のはハネもので、ジャム用。
もちろんジャムは私が作ります。
今年のは酸っぱかったのでパン用というより
カレーの調味用かなぁ。

梅干を漬けるのはどーでるの担当。
4kg弱を12%くらいの塩で漬けました。
できた梅干は1年以上寝かせてから食べてます。
そのほうが塩の角がとれて美味しいんで。

今食べてる梅干は一昨年漬けたもの。
手間をかけてるので大事に大事に食べてます。


大事にといえば…
2年物の三升漬け
2年物の三升漬け posted by (C)もみじ
なんじゃらほいと思うでしょ?

これ、2年物の三升漬けです。
青唐辛子を刻んで、同量の麹としょうゆで漬け込んだもの。
漬け込んだ時はこんな。
漬けました
漬けました posted by (C)もみじ
夏に漬けて、唐辛子の青味が抜ければ食べれるんだけど
年が明けるまで待って
それから少しずつ使い始めることが多いかな。
2年物はもっと美味しいらしいと聞いて
青いフタの瓶は食べきらないようにこらえてたんです。

去年食べた時とどう違うかというと
唐辛子の辛さは落ち着いてしまうんですが
しょうゆの角がとれて、旨味がぐぐーんと増してくるわけですよ。
これをね、ヅケのたれに使ったらそりゃもう!

青唐辛子を刻んでおしょうゆに漬けておくだけでも
美味しいので試してみてね!
posted by もみじ at 12:06| Comment(8) | TrackBack(0) | 仕込みもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする