2012年03月16日

ちらし寿司

先週アップするつもりだったのに
偏頭痛でヘバってしまってて…
しばらくは蔵出し記事が続きまーす。

ブロ友のCrambom、さんが
ちらし寿司の記事をアップしてたので
私も便乗して出しちゃえ〜、ってな感じでもあるかな。
てへへ。

雛御膳
雛御膳 posted by (C)もみじ
我が家の雛御膳。

3点盛り
3点盛り posted by (C)もみじ
こちらが先付けの3点盛りです。

左から菜の花のからしマヨネーズかけに
カリフラワーと酒炒りニンジンを添えたもの
普通、菜の花はからし和えにするんだけど
彩りよく仕上げたかったのでからしマヨネーズにしました。

真ん中はかまぼこ
右はお出汁をとった時の昆布を佃煮にしたもの。
黒いお皿に黒い昆布はちょっと失敗。<お味はよかったんだけど

お花の小皿は金柑の甘露煮です。
ほろ苦さも残した大人のお味。
種ごと全部食べられます。

お刺身
お刺身 posted by (C)もみじ
せっかく和食なのでお刺身付。
この時はサーモンとタコ足です。

ちらし寿司
ちらし寿司 posted by (C)もみじ
我が家のちらし寿司はこんな感じ。
椎茸はじっくり時間をかけて戻しました。
イクラは自家製のラスト。

ご飯は2合用意したので、残ったちらし寿司は
お稲荷さんの皮に詰めるのが我が家の定番です。
ちらし寿司の残りは
ちらし寿司の残りは posted by (C)もみじ
表の皮にはそのまま
裏の皮には菜の花をプラス
小さいお重に5個ずつ詰めておきました。
残ったちらし寿司もこうしておくと
次の日に美味しく食べられるのでお勧めです。

今、気がつきました。
そういえば、写真を撮り忘れてたけどお吸い物もありました。
先月あたりから、一番だしと二番だしを
だいたいまとめて1週間分とるようにしています。
といっても、4〜5日で使いきりますが。
つゆの素も一緒に作ってしまってます。
少し手間はかかりますが、ちょっと贅沢な気分です。
posted by もみじ at 22:28| Comment(6) | TrackBack(1) | 季節の行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
早速アップしましたね。
オードブルがまたよろしいです。
こんな風にお上品に盛り付けると美味しそうに見えます。
そうそう、こんな風にいくらさんを乗せると豪華だよな。
お稲荷さん、今日のテレビでお揚げを裏にして作るってな店がありました。
そんなに珍しいことなのかな?って思ったけど(^▽^;)>゛
お稲荷さんや巻きずしは、もう買うものになってしまったな。
だってたくさん作ってこその食べ物だから(゚∀゚*)b
Posted by Crambom、 at 2012年03月16日 22:41
☆Crambom、さん
えへへ。
早速勢いでアップしちゃいましたぁ。(笑)
オードブルもなんてことないものばっかりなんですけどね。
そこそこいい感じにできあがりました。

お揚げを裏にするって普通ですよねー。
お稲荷さんはまだ自宅で作るものに入ってます。
でも、巻き寿司はねー。
うちでもすっかり「買うもの」になっちゃってます。
お花見弁当にホイホイ作れるといいんですけどねー。
Posted by もみじ at 2012年03月16日 22:58
お稲荷さんの皮に詰める!!そっか、そういう手がありますね。
無駄にならずに、しかも種類も増えるし簡単!
ちらし寿司、とってもおいしそうです。
偏頭痛、おだいじにして下さい。
Posted by ぽぷら at 2012年03月16日 23:59
☆ぽぷらさん
お稲荷さんにすると、目先をかえて食べられるので
けっこう便利で〜す。

ありがとうございます。
偏頭痛は先週末のことでしたが、
今週後半あたりからやっと本来の体調がもどりました。
どうも女性ホルモンの影響のようです。
来月は起きないといいなぁ・・・。
Posted by もみじ at 2012年03月17日 14:01
こういう、季節、というか、節、を大事にする、日本人としての、たぶん一番大事な「心」を持ち続けるのが、もみじ&どーでる夫妻のすばらしさなんだと思います。
生活は、確かに洋風の物を取り入れて、ガーデニングもしているのだけれど、基本線としてのベースラインが、しっかりと日本人。(patriotかどうか、という話ではなく、日本人としての、たぶん「魂」を持っているのだと思います。)
(こういうことは書くと「ネトウヨ」だと思われるので、ここらへんにして。)

こぶは、最初、キャラブキかと思いましたにゃ。(っても、きゃらぶき、が何者かわかんない。ほか弁についてくるけど、あれは「蕗」なのかな?)
真ん中に「紅白」があるから良いのではないでしょうか。おめでたいですし。
梅干しかと思ったら、キンカンの甘露煮なのですね。甘いのかな。甘いのとちらし寿司、て、何かマッチしないように思うのですが、どうなんでしょう。(といいつつ、おせちでは栗きんとんや羊羹が入る、くりにゃー家。)
お刺身、いいですにゃー。やっぱり、紅トロは最高!まぐろよりおいしいと思う。北海道に生まれてよかったにゃー。(おおば、かな。これって、北海道では生えてないですよね。何か違う物なのかな。)
蹄の人のちらし寿司はお魚盛り盛りでしたけれど、もみじさんは分けるのですね。ちらし寿司自体には盛らない。でも、いくらが盛られる。いろいろですにゃー。はちきょーみたいに、際限なくいくらが盛られていると楽しいですにゃ。( http://www.youtube.com/watch?v=BiyLhiSSBTk )

おいなりさん、好きー。お狐様は、私たち妖族の中でも、とても位の高いかたたちです。むしろ、神族に近い。妖力の高いお狐様は、いるだけで圧倒されます。雨降らすのくらいわけないし。お狐様の大好物がお稲荷さんですにゃ。
けど、裏返して詰める、て知らなかった。見たことないです。最初、ちらし寿司に「じゃこ」塗りまくってるのかと思った。(平塚はじゃこの名産地なのにゃ。)
おいしそーですにゃー。お稲荷さん食べると、お狐様に近づけるかにゃ?くりにゃー、今、しっぽ2本しかないけど、そのうちしっぽが増えれば、妖力が強くなるはずなんだけどにゃ。
もみじさんの出汁取りは、コンソメスープ造るのと同じくらい手間かけてるんでしょにゃー。つきっきりで濁りが出ないように(沸騰させないのがコツなんだっけ?)、手間かけるのだろうにゃー。
Posted by くりにゃー at 2012年03月17日 14:47
☆くりにゃーさん
ほめてもらってありがとね♪
でも、日本人の伝統とかそんなんじゃなくて
お酒を美味しく飲みたいだけのような気もしないではなく。

きゃらぶき、蕗ですよね。たぶん。
ほとんどのドーミンは料理したことない気がする。
金柑の甘露煮は、ほろ苦いママレードの金柑版みたいなお味。
隠し味にお醤油を使ってるので、違和感なく料理の付け合せにできます。

お稲荷さん、好き?
これは酢飯を詰めてても大丈夫なんだ。
裏返しのお稲荷さんは舌触りが違うので
お味も違うように感じます。
裏返したのが好きって人もけっこういるらしいです。

出汁取りねー。
辰巳芳子さんの本の説明を参考にしてます。
素材や道具が違うからまったく同じとはいえないんだけど
今のところ、そのやり方が一番美味しいお出汁になるみたい。
でも、それほどの手間ではないですよ。
Posted by もみじ at 2012年03月17日 15:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

春の節句を祝う 〜和食の会〜
Excerpt: だんだんと遅くなるお料理教室のアップ。 これも2月のお教室だったのだが・・・ っで今回は、春の節句を祝うです(゚∀゚*)b こんだては、五目ずし・菜の花のからしあえ・すまし汁です。 2月 春の節句を祝..
Weblog: クラムボンの蹄
Tracked: 2012-03-16 22:42