2011年10月19日

六花亭10月のおやつ屋さん

もう2週間近く前のことなんですが。

六花亭には「おやつ屋」さんという予約販売のお菓子がありまして
けっこうな人気なので、なかなか予約するチャンスがなかったのですが
今回はチーズケーキだということで、早めに予約をしてみました。
7日受け取りなのですが、生菓子なので受け取れない場合
お店で処分されてしまうお約束での購入なのです。


六花亭 10月のおやつ屋さん
六花亭 10月のおやつ屋さん posted by (C)もみじ
パッケージはこんな。
4種類のチーズケーキが入ってます。



さて、開けてみましょう。
今回は4種類のチーズケーキ
今回は4種類のチーズケーキ posted by (C)もみじ
ケーキはこんな。
上  ダブルチーズ(パイナップル)
    濃厚なベイクドチーズケーキにパイナップルの果肉入りの
    レアチーズムースを重ねたもの。
中左 帯広の森(ピーチ)
    フロマージュ・ブランを使った軽い口溶けのチーズムースと
    桃の組み合わせ
中右 苺のティラミス
    マスカルポーネチーズと苺の甘酸っぱさがこう相性のティラミス
下  かぼちゃのチーズケーキ
    素朴な甘さのかぼちゃスポンジに、チーズクリームをサンド


さて、みなさんはどれがお好みかな?


あわせたコーヒーはこちらです。
猫のコーヒー
猫のコーヒー posted by (C)もみじ
女性が大好きなあの映画や、
ジャック・ニコルソン&モーガン・フリーマンのでてたこの映画にでてきた
猫のコーヒーです。

詳しくは解説しませんが、猫が関連することは確か…。(^_^;
最高級なことも確かですな。
1瓶100g入りで、普通には買わない値段だけど
まったく手の届かない値段でもなく。
(外でコーヒーを何度か飲むと思えば)
人生1回くらいは飲んでみたいじゃないですか。


帯広の森とコピルアク
帯広の森とコピルアク posted by (C)もみじ
スポイトを抜いてソースをかけたところです。

封切直後のコピルアク、美味しかったです。
香り、苦味や酸味のバランスが抜群で
思わずどーでると顔を見合わせちゃいました。


ケーキは全部どーでると半分ずつお味見しました。
私の好みはこんなでした。
ダブルチーズ>帯広の森>苺のティラミス>かぼちゃのチーズケーキ
posted by もみじ at 17:12| Comment(8) | TrackBack(0) | おやつの時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

重陽の節句と十三夜

アップしたいネタを溜め込んでるもみじです。
せっせとアップしませんと。


まずは旧暦の重陽の節句から。
西暦でいうと今年は10月5日のことでした。

重陽は菊の節句
重陽は菊の節句 posted by (C)もみじ
菊の節句なので、菊の花を買ってみました。
適当なスプレー菊か、小菊あたりにしようと思ってたんだけど
こっちのほうが安かったんで。

大きい菊の花ってお葬式のお花のイメージが強いけど
こうやって飾ってみるとそれほど悪くないなーって思いました。

ま、菊の節句以外では飾らないだろうけどね。

重陽御膳
重陽御膳 posted by (C)もみじ
重陽御膳です。

手前右から、春菊と干し菊のお浸し
鮭の南蛮漬け
揚げさつまいも<揚げすぎだ(-.-;

奥はお煮しめです。
手間と時間をかけて作ってます。


国稀で菊花酒
国稀で菊花酒 posted by (C)もみじ
むろんお酒は菊花酒仕立てで。
どーでるチョイスのお酒は増毛町にある日本最北の酒蔵
「国稀酒造」の国稀です。

浮かべた菊は干し菊を戻したもの。



そして、昨日は十三夜でした。
十五夜は話題になるけど、後見月のほうはさほど話題にもされず。
でも、うちでは必ず十三夜をやります。

要するに、なんだかんだと理由をつけてお酒を飲みたいだけなんだけど。

十三夜はおぼろ月
十三夜はおぼろ月 posted by (C)もみじ
昨夜のお月様はこんなでした。
昼間はとても暖かかったのに、おぼろ月。
お天気下り坂だなと思ったらやっぱり今日は曇ったり雨が降ったり。

でも、月見酒になったからいいです。

十三夜御膳
十三夜御膳 posted by (C)もみじ
こちらはお月見御膳。

たこときゅうりともずくの酢の物
ささげと天カマの煮物
茜(りんご)入りポテトサラダは今朝の残りです。

シシャモ解禁
シシャモ解禁 posted by (C)もみじ
こちらは解禁シシャモ。
むろん、北海道産ですわ。


栗より旨い十三里
栗より旨い十三里 posted by (C)もみじ
さつまいもご飯です。
栗ごはんを作りたかったけど、生栗がバカ高くて手が出せず。

ま、「栗より旨い十三里」っていうから、さつまいも飯でもいいかって。
お味噌汁はしじみ汁です。
こちらも北海道産。

今、粒味噌を使ってて、いちいちあたり鉢であたって使ってます。
あたる手間と洗う手間がいるけど
お味噌の香りがふわ〜っと立つのがよいです。


十三夜用にチョイスしてみました
十三夜用にチョイスしてみました posted by (C)もみじ
十三夜用のお菓子はこんな感じにチョイスしてみました。

一度は食べたい栗100%の栗きんとん。
それから白餡のお饅頭「男爵」
どちらも六花亭です。


旧暦の重陽の節句も十三夜もできるだけ季節の食材を使うように
心がけてみました。
きゅうりはたまたま安かったんで使ったけど。

季節の行事に季節の食材を使うと
風流の度合いが増す気がします。

今度は12日の卵デイ。
どんな卵料理作ろうかな。
posted by もみじ at 15:07| Comment(14) | TrackBack(0) | 季節の行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

秋のおやつ

いや〜、寒いですぅ。
室内の気温がとうとう20度切ったんで
思わずババシャツ着て、冬のソックスまで履いちゃいました。
今シーズン初。

それもそのはず、札幌方面では手稲山が初冠雪だっていうし
旭川では初雪が降ったって言うし。
こんなに早く雪の便りが届くなんてなー。
例年だと10月下旬くらいだから、早すぎです。
まだ、春の球根の準備もしてないのにぃ。


けど、お彼岸に実家に帰った時も
朝晩ストーブスイッチオンだったしねぇ。
今年は冬が早いのかな?

実家に行ってきたといえば、
恒例、車内のお楽しみ。

もりもとのスフレ生どら
もりもとのスフレ生どら posted by (C)もみじ
もりもとのスフレ生どら期間限定の「りんごクリームサンド」です。
ふわっふわの生地にクリームがたっぷり。
今回は洋酒風味のクリームの中に細かく刻んだりんごが入ってます。
このシリーズの中ではちょっと大人な感じかなぁ。
ミルクティーを淹れてきたけど、ダージリンのほうがよかったかも。

たぶんカロリー高め。
でも、実家で労働奉仕が待ってるのでね。<掃除とか草取りとか
心身ともにエネルギー満タンにしておきたいわけで。


スヌの赤いブックカバーは文庫本です。
これも里帰りの時の定番。
なんせ、新幹線の東京−大阪間より時間かかりますからね。


さて、こちらは自宅に戻ってきてから。
ごろすけポテト
ごろすけポテト posted by (C)もみじ
六花亭のごろすけポテトです。
ふくろうのかたちのスイートポテトです。
9月限定の季節のお菓子でいつもとても楽しみにしているもの。
10月はごろすけパンプキンなのでそちらも楽しみ。

コーヒーは最近お気に入りのメロ・ハマヤです。
とてもバランスのいい味わい。
ちょっと高いけど、どうせ100gしか買わないし
週末だけの贅沢なんで。
豆は最寄の可否茶館で買って、淹れる直前にミルで挽いてます。
posted by もみじ at 11:50| Comment(14) | TrackBack(0) | おやつの時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする