2011年07月29日

冷た〜いスープ

北海道もやっとなんぼか蒸し暑くなってきました。

あっ!
でも、内地ほどではございませんよ。
したって、エアコンも除湿機もいらんもんね。


とりあえず、夏の朝に1度は食べたい冷たいスープ♪

ビシソワーズ
ビシソワーズ posted by (C)もみじ
冷たいスープの筆頭、ビシソワーズ♪
前の日の晩に仕込んで、冷蔵庫で冷やしておきました。
朝、ベランダのチャイブを摘んで、刻んで散らすだけ。

あー、スープって美味しいなー。


こっちは別の日。
コンソメ・ジュレ
コンソメ・ジュレ posted by (C)もみじ
これも冷え冷えのコンソメ・ジュレ♪

あ、コースターが夜の雰囲気なのは気にしないで。


こっちは鶏肉をコンソメで10〜15分くらい煮て、
そのまま冷ましお肉を取り出し
漉したスープにゼラチンを入れて固めたもの。


この場合、茹でたお肉は副産物♪
思い切って、ご馳走仕立てにしてみました。

コールドチキン
コールドチキン posted by (C)もみじ
どうかしら?
なかなか豪華でしょ?

茹でた鶏肉をスライスして、
ベビーリーフやプチトマト、ゆで卵を添えただけなので
豪華にみえる割にとっても簡単です。
ソースはマヨネーズを牛乳で伸ばしてケチャップを混ぜたもの。

ベランダのイタリアンパセリを散らしたので
ちょっとだけおしゃれになりました。

残った鶏肉はチキンサラダにしたり
サンドイッチや冷やし中華の具にしたり
いろいろと使いまわせるのでこれまた便利♪

美味しかったから、また作ろうっと♪
posted by もみじ at 22:14| Comment(10) | TrackBack(0) | 季節のゴハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

梅仕事その後

今年の梅干作りですが、今のところなかなか調子よくいっています。
自宅には各種重しを取り揃えていたところがよかったのかな?

下漬け終了
下漬け終了 posted by (C)もみじ
7月4日に塩漬けにしてから約2週間。
こんな感じに漬かりました。

ボールに少し残した分は、白梅酢に漬けたまま
試しに白漬けにしてみようと思っています。<どーでるが


赤紫蘇と重ねてさらに漬け込みます
赤紫蘇と重ねてさらに漬け込みます posted by (C)もみじ
ほとんどは、こんな風にもみ紫蘇と段々重ねにして、
白梅酢を注ぎ、さらに漬け込みます。<むろん、どーでるが

あ〜、出来上がりが楽しみだなー。


いい感じに使ったら土用干しして完成です。
あとは、容器に詰めて、1年くらい寝かせておきます。
そのほうが塩の角がとれてまろやかになるのよね。

今、食べている梅干は一昨年漬けたもの。
それを食べきれば去年の梅干の出番になります。
posted by もみじ at 17:11| Comment(10) | TrackBack(0) | 仕込みもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

山形発祥の冷たいラーメン

なでしこJAPAN、優勝しちゃいましたねー。
すごいなー。
と言っても、リアルタイムでみてたの、
早起きのどーでるだけなんだけどね。

さてさて、今回やっと山形発祥冷たいラーメンのご紹介。
あのセットに入っていた残りの麺の試食です。

暑さにうだっている地域の皆さんには申し訳ないけど
北海道、すっかりカヤの外に置かれてまして
夏日が少ないわけですよ。
いまだに扇風機の出番ナシなんです。
なので、先週、いいお天気の日に
それっとばかりに作ったわけです。


追記:冷やしラーメンの作り方

※準備 入れる具は早めに準備して冷やしておく
    スープを溶く水もよく冷やしておく<1人前300ccくらい
    器も冷やしておくとなおよい

1 添付のスープを冷水で溶かす
2 乾麺を茹でて、冷たい水でしめる
3 手早く盛り付ける(氷を入れるとなおよい)

冷たいラーメン 塩味
冷たいラーメン 塩味 posted by (C)もみじ
こっちはさっぱり塩味。
茹でた鶏肉の切り身、インゲン、カニカマ、メンマに刻みネギのラインナップです。
ゆで卵作っておくの忘れたのが失敗。
麺は細いストレート麺。
つるつるつるっといけちゃいます。

ただ、夏日ではあるけれど、真夏日ではなかったので
スープをキンキンに冷やすとこまではやりませんでした。

冷たいラーメン しょうゆ味
冷たいラーメン しょうゆ味 posted by (C)もみじ
続いて、こちらはコクと旨味のしょうゆ味。
お肉は豚ももスライス肉をわーっと煮付けて
冷ましたもの入れました。
チャーシューがあればよかったんだけど、
買うまでもないかなーと思ったんで。
とりあえず、こっちは氷を2個入れてみました。



塩としょうゆ、どちらも美味しかったけど
私は塩のほうが好きだったかなー。


とーほくのうまいもんとは違うけど
今シーズン初、ジェノベーゼ
今シーズン初、ジェノベーゼ posted by (C)もみじ
今シーズン初のベランダ摘みバジルのジェノベーゼ。
摘みたてのをすぐに調理しました。
贅沢の極みです。
posted by もみじ at 11:32| Comment(14) | TrackBack(0) | とーほくのうまいもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

蝦夷梅雨か

どう考えても梅雨の末期としか思えない
雨天続きの北海道です。
やっぱりえぞ梅雨なんだろうなぁ。


ベランダとはいえ、やっぱり植物に雨が降りかかって
バラの花びらがどんどん傷んできています。
ファーストシーズンもぼちぼち終了かな。

2季目が待ち遠しいです。


そんななか唯一元気なお花がこちら。

盛り返してきたネメシア
盛り返してきたネメシア posted by (C)もみじ
ネメシアです。
脇芽が育って咲いた花です。

これが終わると、また次の脇芽が伸びてまた咲いてと
ずっと楽しめるとってもおりこうさんなお花なのです。
今年はこういうタイプのお花が少なかったなぁ。
やっぱり、夏の間はできるだけお花を楽しみたいんで。


せっかくなので
正しい花瓶付箸置きの使い方
正しい花瓶付箸置きの使い方 posted by (C)もみじ
ブルーさんから頂いた、花瓶付箸置きに活けてみました。
箸置きとしてはちょっと使いにくかったので
こんな風に花瓶として使うのがいいみたい。<さすがに楊枝入れではもったいない!

とても小さな花瓶でも、
小さなお花ならたくさん飾れてしまいます。

ちなみに、写真に活けてあるお花。
バーベナ(ピンク)
ネメシア(薄紫)
ロベリア(ブルー)
イングリッシュラベンダー(紫)
ペパーミント

ね。意外とあるでしょ?


ペパーミントは食用としても育てているので

ミント入りの焼酎ソーダ割り
ミント入りの焼酎ソーダ割り posted by (C)もみじ
活けるのに不要の葉を摘んで、
焼酎のソーダ割りに浮かべてみました。

たった一枚でもぐーんと爽やかな風味になるのが素敵です。
posted by もみじ at 21:17| Comment(8) | TrackBack(0) | もみじのくらしっぷり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

人生初、メキシコのタコ

暑い時には暑い国のお料理で、ってことで…


いや。

北海道、まだそれほど暑くもないんだけどね。
まぁ、7月だし、気分よ気分!


で、これこれ。
カサフィエスタのタコディナーセット
カサフィエスタのタコディナーセット posted by (C)もみじ
メキシコ料理ですわー。
もちろん、こういうのは
面白がりのどーでるが勢いで買ってくるんだけど
買ってきたのがレタスの高い時期だったんでね。
待ってたの。


さて、人生初のタコディナー。
ドーミン的に「タコ」と聞けば
絶対こっちのほうが思い浮かぶんだけどさ。
青物収穫まつり、タコのカルパッチョ
青物収穫まつり、タコのカルパッチョ posted by (C)もみじ

タコはタコでもメキシコのタコだもんね。

気を取り直して裏面の説明をよ〜く読んで作ります。
美味しく出来るかな?


使うのは牛ひき肉なんだけど
そこはめったなことで置いてない豚肉圏
合挽きで作りましたわ。

指定のチェダーチーズも
ノースプレインの5ヶ月熟成の残りで間に合わせました。
そのあたりがとってもフレキシブルなもみじ家。<適当ともいう


初タコス
初タコス posted by (C)もみじ
こんな感じでどうかしら?
レタス、もっと細切りにするんだった?


こんな感じ?
こんな感じ? posted by (C)もみじ
これがはさんだとこ。

タコシェルが12枚入って4人前だったみたいだけど、
2人でもりもり食べて2枚しか残りませんでした。(^▽^;

あと、残ったのはお肉ね。
それと、ソースがちょっぴりだけ。


それらは翌日こうなりましたぁ。
posted by もみじ at 14:52| Comment(12) | TrackBack(0) | お試しレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

今年の仕込みもの

昨日はところによって七夕でしたね。
梅雨時期に重なるから旧暦でやったほうがいいんじゃないの?
と思うんだけどどうなんでしょうね。
北海道では旧暦というより1ヶ月遅れの8月に七夕をやるところが多いです。
が…テレビ父さんのブログでもわかるように
8月7日だよねと思いつつ、7月7日にも七夕をやっちゃうところが…。
2度楽しめるからいいんですけどね。


ちなみに、もみじ家
8月7日にとーほく復興祈願七夕まつりを
ひっそり開催しようと思ってます。
<要するに、友達に教えてもらった仙台の七つ飾りを作ろうって趣向


さて、話はかわって最近の仕込みもの。
よーしさんレシピの塩らっきょう
よーしさんレシピの塩らっきょう posted by (C)もみじ
泥付らっきょうに値引きシールがついてたんで
うっかり買ってきてしまいました。
洗って、皮むいて、芽と根をとって塩漬け(5%)して。

値引きシールついてたわけがわかりました。
ちょっと青味がかってたのが混ざってたのよね。
ま、いいかとさっさと作業。

そのまま食べるか、甘酢に漬けるかどうしようかと思ってたけど
結局よーしさんが紹介してた漬け汁に漬けちゃった。
キムチの容器、焼酎を少し入れてシェイクして
アルコール消毒にしました。
どうせ、解禁したらあっという間に食べちゃうと思うんだ。


こっちは恒例行事。
毎年恒例梅仕事
毎年恒例梅仕事 posted by (C)もみじ
スーパーの店頭では高級品少量しか並んでなかったので
どうしたもんかと思ってたら
実家方面の友達がもう漬けたというので、
慌てて通販でお取り寄せしました。<確か四国産

青梅が黄色く色づくまで待って
洗って、まるでいつくしむかのように大切に
1つ1つ丁寧にヘタ取りして
焼酎で濡らしたキッチンタオルで拭いて。
そこまでが私の仕事です。

左の大きなザルのが梅干用、
右のはハネもので、ジャム用。
もちろんジャムは私が作ります。
今年のは酸っぱかったのでパン用というより
カレーの調味用かなぁ。

梅干を漬けるのはどーでるの担当。
4kg弱を12%くらいの塩で漬けました。
できた梅干は1年以上寝かせてから食べてます。
そのほうが塩の角がとれて美味しいんで。

今食べてる梅干は一昨年漬けたもの。
手間をかけてるので大事に大事に食べてます。


大事にといえば…
2年物の三升漬け
2年物の三升漬け posted by (C)もみじ
なんじゃらほいと思うでしょ?

これ、2年物の三升漬けです。
青唐辛子を刻んで、同量の麹としょうゆで漬け込んだもの。
漬け込んだ時はこんな。
漬けました
漬けました posted by (C)もみじ
夏に漬けて、唐辛子の青味が抜ければ食べれるんだけど
年が明けるまで待って
それから少しずつ使い始めることが多いかな。
2年物はもっと美味しいらしいと聞いて
青いフタの瓶は食べきらないようにこらえてたんです。

去年食べた時とどう違うかというと
唐辛子の辛さは落ち着いてしまうんですが
しょうゆの角がとれて、旨味がぐぐーんと増してくるわけですよ。
これをね、ヅケのたれに使ったらそりゃもう!

青唐辛子を刻んでおしょうゆに漬けておくだけでも
美味しいので試してみてね!
posted by もみじ at 12:06| Comment(8) | TrackBack(0) | 仕込みもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

暑い日は冷たい麺で

といっても、そこは過ごしやすい北海道。
でも、そろそろ冷たい麺も食べたくなってきました。

そこでとーほくでも暑い暑い地方の麺をお取寄せしました。
これです。
山形の冷たい麺セット
山形の冷たい麺セット posted by (C)もみじ
乾麺の蕎麦としてはかなりお気に入り山形県「はぐろ庵」
ラーメン・そばバラエティセットです。

ここの蕎麦がなぜお気に入りなのかというと
無塩なのにちゃんとコシがあって、蕎麦の旨味がよくでているからなのです。

山形と言えば盆地で、それはそれは暑いことがケンミンショーでも有名。
よって、麺類からシャンプーまでキンキンに冷やしちゃう土地柄です。
で、とーほく在住時に食べた「冷たい肉そば」がまた食べたくなったのです。


冷たい肉そば
冷たい肉そば posted by (C)もみじ
早速作って頂きます。

本当は鶏もも肉を煮て汁ごと冷やしたほうがいいんですが
お肉は入ってないので焼いたむね肉の切り身をいれてみました。
でも、添付のスープのもとにはしっかりお肉の味がでていました。
スープのもとを水に溶かす時はお水もよーっく冷やしておいてね。


次にお味見したのが
山形の冷やし中華
山形の冷やし中華 posted by (C)もみじ
冷やし中華。
スープとふりかけがついてました。
乾麺で保存性がいいので、思い立った時に作れるところがよいです。
チャーシューがなかったので、
鶏ささみを茹でて裂いたのをあしらってみました。

縮れ麺じゃないところがちょっと面白い感じ。
とーほくなのでスープは甘めです。

次に試すのは冷たいラーメンかなぁ。
メンマやチャーシューの準備が必要なのと
スープに氷を浮かべて食べることになるので
もう少し気温が上がってからでもいいな。
posted by もみじ at 14:34| Comment(10) | TrackBack(0) | とーほくのうまいもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

7月のばら

うかうかしているうちに7月になってしまいました。

ベランダのお花が花盛りなので、毎日うっとり。
花盛りのベランダガーデン(7/3)
花盛りのベランダガーデン(7/3) posted by (C)もみじ
もうね、冬越しできなかったのが3つもあったなんて
すっかり忘れちゃうくらい見事に咲いてます。
北海道の気候、気に入ったんだろうな。


ネメシアとばら(7/3)
ネメシアとばら(7/3) posted by (C)もみじ
ネメシアもまただいぶ咲いてきたし。

ベラとロベリア(7/5)
ベラとロベリア(7/5) posted by (C)もみじ
ロベリアもボリュームたっぷりに咲いてくれるから
ピンク系のばらがほんとうに美しくみえます。
青系の草花を集めただけありました。
なので、毎日のようにアングルを変えて
写真を撮りまくってます。


ばらだけ撮ってみたりとか。
花びら(7/3)
花びら(7/3) posted by (C)もみじ
左側の濃いピンクはヴィヴァーチェ。
右の白とピンクの2輪は同じ茎に咲いているベラです。
なぜ、こうなるかというと、
白は咲いているうちに退色してしまったのと
ピンクのはお天気がよかったので紫外線の影響です。


投売りの黄ばらはなかなかのべっぴん(7/3)
投売りの黄ばらはなかなかのべっぴん(7/3) posted by (C)もみじ
投売りのバラの苗もきれいに咲きました。
剣咲きでなかなかいい色合いの黄色です。
花首が長いので切り花にも使えそう。
まだ5つぐらいつぼみをつけています。

もう一つは完全にうどんこ病にやられました。
よっぽど弱ってたんだろうな。
でも、1つはうまく育ったのだからよいことにしておきます。
posted by もみじ at 21:50| Comment(8) | TrackBack(0) | もみじのくらしっぷり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする